施術を受けてボトックス効果を実感!たるみがきゅっと引き締まる

カウンセリング

複数の施術を併用

ボトックスとヒアルロン酸はどちらもシワの解消に用いられますが、適用範囲が異なるので適切なほうを選ぶ必要があります。ボトックス効果が現れてからヒアルロン酸を注入すれば、相乗効果を発揮する場合があります。

注射

美容に使えるボトックス

顔が大きい方はエラの部分が発達しているのが原因になりやすく、その部分を小さくできれば小顔にできます。ボトックス効果を使った方法はエラを小さくできますが、特別な治療法なのでよく理解してから受ける必要があります。

医者

美容整形における万能薬

シワ取り、小顔治療、痩身術、多汗症治療など、ボトックス効果は多岐に渡ります。その為、昨今の美容クリニックでは特に人気のある施術となっています。費用はシワ取りの場合は8千円?2万円、小顔治療は2万円、多汗症治療で4万円程が相場です。

ボトックスの基礎知識

医者

しわやたるみ消しができる

ボトックス注射はボツリヌス療法とも呼ばれていて、医療現場では手足や顔面の麻痺の治療に用いられています。美容皮膚科や美容外科では、アンチエイジングや美肌や小顔化などの「プチ整形」をしたい人に、ボトックス注射が大人気です。ボトックス効果は注射をする位置によって、顔面への現れ方が若干違います。たとえばアンチエイジング医療の分野では、目元のしわ消しやリフトアップに、ボトックス注射をする人が多いです。目元に寄りやすいしわを消したい場合は、しわができやすい部分にある筋肉層にボトックス注射をします。そうするとボトックス効果によって筋肉の機能が低下して、表面の皮膚にしわが寄らない状態になります。目じりの小じわは基本的に筋肉が作り出すしわなので、ボトックス効果が効きやすいです。また、眉間にできる縦じわや、顎の梅干しじわも、注射だけで寄らなくする効果があります。顔全体のアンチエイジングや肌質の改善をしたい場合は、筋肉よりも浅いところにある層にボトックス注射をします。この施術のことを「ボトックスリフト」や「マイクロボトックス」と言って、最近取り扱っている美容皮膚科が増えています。筋肉に注射する場合は表面のしわに、それより浅い層に注射する場合は肌質に効果があるのが特徴です。マイクロボトックスには開いた毛穴を縮める効果があるので、肌のキメが三角形に整い、艶や透明感が生まれます。また、一つ一つの毛穴が縮小することで肌に張りが出て、顔全体のたるみがきゅっと引き締まる作用も期待できます。老化による肌の悩みを注射一本だけで解決できるのがボトックス・ボツリヌス療法の魅力であり、大きなメリットです。ボトックス注射ではボツリヌス菌が生成するボツリヌストキシンを使用します。ボツリヌス菌そのものではなく、ボツリヌストキシンという天然のたんぱく質を投与して様々な悩みを解消するのが特徴です。ボツリヌストキシンには、一時的に神経伝達物質アセチルコリンを阻害する働きがあることが分かっています。筋肉にボトックス効果が浸透すると神経から筋肉に命令が行かなくなり、筋肉の緊張が緩和します。筋肉は様々なしわを作り出す原因といってもいい皮下にある土台です。その筋肉の緊張によってできる目じりのしわや眉間の縦じわ、梅干しじわも、ボトックス効果によって予防することができるのです。そんなボトックス注射は様々な医療現場で使われていますが、アンチエイジングや美肌効果を得たいなら美容系のクリニックに行くのがお勧めです。施術料金はしわ一本だけであれば1万円以下です。目じりや眉間など部分ごとのしわを解消する場合は2万円〜4万円になります。ボトックスリフトやマイクロボトックスは、しわよりも注射をする範囲が広くなるので若干施術料金が高くなります。クリニックにもよりますが10万円前後が目安です。なお、注射をする前に麻酔クリームを塗ると麻酔代が500円〜1000円ほど別途かかります。ボトックス効果が続くのは初回投与で3ヵ月〜6ヵ月です。そして何度か注射を繰り返すと、だんだん持続性がアップします。